諦める前に・・・

※CCMブログで書いてきたコラムをこちらでもシェアします
結婚を祈っている、御心の人と出会い人生を共に歩みたい・・・ そう願っている方はいらっしゃると思います。 でも、踏み出せない・・・という方もいるでしょうか。 どうして、踏み出せない・・・?と、考えてみたことはあるでしょうか? 私自身は、考えるより行動派なので、わりと直感で突き進んでしまいます。 もちろん間違えたり、壁にぶち当たったり、痛い目にあったり、がっかりしたり、悔しくなったり、悲しくなったりもします。 傷を負うこともあるし、試練を感じるときもあります。 たぶん、この痛みとかに対する恐怖を前もって考えてしまったら、前へ進めないだろうなと思います。 痛い、怖い、危険に触れるかもしれない、怖い・・・・・・諦めよう・・・。 直感タイプの私も、時々そう考えることがあります。 でも、そんなとき思うのが 「私の小さな経験から、どうして本当にそうなる・・・と断言できるだろう? 私に未来がわかるのか?いや、未来を知ってるのは神様だけ。 そして、神様は『将来と希望を与える』と約束してくださったじゃないか。」 パウロはコリント人への手紙2の1章でこんなことを書いています。 「兄弟たちよ。私たちがアジヤで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危なくなり、 ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。 ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。」 これは、パウロの大きな証だと思います。 婚活で「心の中で死を覚悟」するような目に会うことはたぶんないと思いますが、 そこまでのことに遭っても 「これはもはや自分自身を頼まず、・・・神により頼むものとなるためでした。」 この試練には大きな意味があったのだ!と告白します。 これって無理やりポジティブに捉えている・・・のでしょうか? 先に書いたように、私も行動することで、間違えたり痛みを感じたりすることはあります。 たぶん行動するから、そういう目にあうのでしょうね(笑) でも、すべてに神様からの意図があり、それを通さなければ知りえなかったこと、わからなかったことがあった、と思います。 無駄だった経験はないし、行動しなかったら味わえない一つ一つの経験でした。 それが「このときのためだったか!」と活きてくることはたくさんあります。3年、5年、10年越しでくることもあります。その度に、神様ってすごい!と感謝するのです。 死の危険でさえも・・・意味はある。と、パウロさんは言います。 シリアで亡くなった日本人ジャーナリストの人生に、あの死の危険に・・・意味はなかったとおもうでしょうか? そして、救い出してくださるという望みを神に置くことができる。 その望みがなければ、きっと立ち向かって行くことはできないでしょう。 危険を感じたり、痛みをさけたい、と思うのは、動物的本能として備えられたものであり、ちゃんとそれが機能しているということでもあります。 しかし、それをどう用いるか、私達には自由意志と共に問われているように思います。 恐怖から諦めてしまう前に、圧迫に押し切られてしまう前に、 どうか一歩歩みをすすめてみてください。 そこには、きっと祝福がある、とわたしは信じています。 結婚は墓場だというのは、人間のつくったことわざです。 結婚は神様からの祝福です♪ --------------------- 公式LINEアカウント、是非お友達追加ください! LINEトークでの無料相談、対面・ビデオ通話での相談なども できます。
困ったら話そう 会って、あるいはオンラインで気軽に人生相談できます。
婚活マイスターANNIとしてカワセも「牧師メンバー」におります。 ※牧師ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA