初めて会う人との会話術(2)

※CCMブログで書いてきたコラムをこちらでもシェアします

初めて会う人との会話術、つづきです

★リアクションとやわらかい質問

相手のことを聞いていく上で、気をつけるのは、尋問しないこと。職業面接にしないこと。
小さな質問に対して、大きくリアクションします。「そうなんですねー!」「すごいですねー!」「ほんとうですかー!?」「あ!それ私もです!」
そして、その話の端っこを掴んで次の質問をします。
例えば
A「今一人暮らしなんですか?」
B「そうです」
A「そうなんですねー!一人暮らしって大変じゃないですか?自炊とかされるんですか?」
B「まぁ、ときどき」
A「えー!すごいですねぇ!自炊だとどんな料理作られたりとかするんですか?」
B「うーん、簡単なご飯と味噌汁とか…」
A「へぇー、お味噌汁作られるんですね!赤味噌ですか?合わせですか?」
B「合わせ…ですかね」
A「あ!うちもなんです!でも、ちょっと赤寄りの合わせなんです」
B「あぁ、わかります、それ」

みたいな!

★話の内容は重要ではない

初対面のときって、緊張しすぎて、後で振り返ると、話の内容をほとんど覚えていなかったりします。
(カワセはほとんど覚えていません)
覚えているのは、「雰囲気」
優しそうとか、明るいとか、暗いとか、ツンとしてるとか、
声のトーンとか、笑顔とか、座り方とか気になったしぐさとか…

5分や10分ごとに次々違う人と話すお見合いパーティーなら、なおさら
会話の内容は覚えていません。
覚えていられる内容は出身地と仕事くらいです。

だから、逆に言えば…あれ話さなきゃ!これ話さなきゃ!と焦らなくていいと思います。

ポジティブな印象を残す!
個性は自然と出ます。だから、自分らしさとかに固執することもありません。
自分らしく笑顔で楽しい会話ができれば、それでいいと思います。

★どんなひとにも愛を
「あなたの隣人を愛しなさい」と聖書にあります。
そのとき限りの出会いかもしれない、二度と会わないかもしれないし、会わなくてもいいかなと思うかもしれません。
でも、今、その瞬間自分の「隣」にいる「人」に、神から受けた愛をもって接する…ことに、無駄とか非効率とかあるでしょうか?
同じ神を信じる兄弟姉妹として、同じように愛を忘れずに接することは、きっとよいことだと思います。
恋のような感覚を持つか、とか、トキメくか、とかで、態度を変えるのは、
実はとても自己中心的ではないだろうか、と私は思います。

また、相手の方が、自分が別の人と話している様子をたまたま見ている、ということもあります。そのとき、人によって態度が違っているのを見たら、やはりあまりよい印象はないでしょう。

だから、どんなひとにも愛を♪

以上です。

いかがでしたでしょうか?

もっと詳しく相談したい!という方は、コメントやメールでお寄せくださいね?

---------------------
公式LINEアカウント、是非お友達追加ください!
LINEトークでの無料相談、対面・ビデオ通話での相談なども
できます。

 

困ったら話そう
会って、あるいはオンラインで気軽に人生相談できます。

婚活マイスターANNIとしてカワセも「牧師メンバー」におります。
※牧師ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA