お見合いパーティーは終わってからが本番!

※CCMブログで書いてきたコラムをこちらでもシェアします
今回は、お見合いパーティーに参加した方、また今後紹介お見合いをする方へのお話になります。 お見合いパーティーでは、 グループトークに約10分、1対1トークに約5分しか、一人当たりに話す時間がありません。 正味10分15分では、御心の人なのか、わからない!!と思われるでしょう。 そのとおり、 10分15分でわかるはずはありません。 ほとんど、わかるはずもないのです! お見合いパーティーは御心の人を見分ける場ではありません。 その可能性と「出会う」場です。 文字通り「出会う」だけなので、 実はここからが本番!! 「知り合う」というステージにこのあと進んでいくのです。 お見合いパーティーでは、最後にオファーシートを提出します。 この日に正味10分15分顔を合わせた中で、もう少し話してみたいな、とか、また話してもいいかな、という人に、自分のメアドと一言メッセージを、仲介者を通して伝える(オファーする)システムです。 自分がオファーした人が同じように自分にオファーするとは限りません。でも自分のメアドは相手に伝わります。 自分がオファーしなかった人からオファーが来ることもあります。 とにかく、いろんな形で、メアドが交わされる事になります。 この交わされたメアドが、次のステージへの扉となります。 まずは、自分に届いたメアドにご挨拶のメールを送ることをお勧めします。 ここで覚えていてほしいことは、その相手にメールをする(返す)のは、あなただけではないだろう、ということです。 あなたの元へも、複数からメールが来るかもしれません。 いろいろなやり取りをしながら、だんだん交わす相手、交流の続く相手…というのは決まってきます。 それこそ、神様がこの時点で介入してくださり、御心の人へと導いて下さるかもしれません。 だから、初めから自分で1人を決めなければいけない、ということはないのです。 よく、この段階で「自分の心が響かない、ときめかない」とメールの交流をせずに、やめてしまう人がいます。 正直もったいないな、と思います。 自分の心がときめく人が、結婚に合う御心の人とは限らないのです。(もしそうだったら、こんなに恋愛で失敗したり、失恋したりなんかしないわ!) さて、 メールのやり取りは、難しい…と思われるかもしれません。たしかに難しいです。 メールで伝わるのは、伝えたいことの7%だと言われています。 なので、お勧めとしては、 ・長文を送らない。 ・自分のことを長々と書かない。 ・ライトで相手がほっこりするようなやり取りをする。 ・次に会うキッカケをつくる。 というのが、メールの役割です。 大事なことほど、実際に顔を合わせて、5感の伝わる状態で、時間をかけて伝えるほうが良いです。 知り合うのには、ある程度の時間が必要です。 (なにを「知り合う」のか…はnext blogで) お見合い(出会い)→メールなどでの交流→会いながらの交流→知り合っていくこと→結婚の決断 お見合いパーティーを終えた皆さん、 本番はこれからです。 是非、祈りながら次のステージでも積極的に動いてみてくださいね。 どうしたらいい?どんなメールを?などなど、 聞きたいことがありましたら、コメントやメールでご相談くださいね(*^^*) 心から祈っています! --------------------- 公式LINEアカウント、是非お友達追加ください! LINEトークでの無料相談、対面・ビデオ通話での相談なども できます。
困ったら話そう 会って、あるいはオンラインで気軽に人生相談できます。
婚活マイスターANNIとしてカワセも「牧師メンバー」におります。 ※牧師ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA